幼児レイプで逮捕アルパカ大東賢哉

1 右や左の名無し様 2019/03/28(木) 20:20:02
目隠しして手を縛った幼児をマスクとゴム手袋姿で執拗(しつよう)にもてあそび続けた。平成30年夏、わずか2カ月あまりの間に、奈良県奈良市で4件の連続強盗強姦事件が相次いだ。犯行は、最長で17時間にも及んだ。

「相当長期の懲役刑をもって臨むべき」

 「被告人を懲役25年に処する」。4件の事件にからみ、強盗強姦や住居侵入などの罪に問われていたのは、奈良県の無職、大東賢哉被告(56)。

 大東被告が全件で「無罪」を主張したため、証人17人、審理期間30日間に及び、奈良地裁の裁判員裁判としては過去最長となった裁判の判決が10月10日、言い渡された。

 「犯行は卑劣で悪質」「被害者が受けた恐怖感、屈辱感の精神的苦痛は計り知れない」「刑事責任は極めて重く、相当長期の懲役刑をもって臨むべき」

https://5ch.pub/cache/view/utu/1553763526

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼