小粒になった日本企業

1 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2018/11/18(日) 10:56:41
小粒になった日本企業
「寿命」突出の89年 成長鈍く
2018/11/18付日本経済新聞 朝刊
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO37904440X11C18A1MM8000/

日本企業の「小粒化」が進んでいる。
世界的な企業規模の大型化についていけていないためで、米国では企業の1社あたり時価総額が2000年末の2.6倍になった一方、日本は1.7倍にとどまる。
企業再編などによる「新陳代謝」が鈍く、成長力の差を生んでいるとの指摘が多い。企業の競争環境の見直しなどが今後の課題となる。

中国に逆転許す

00年末に9.9億ドル(約1120億円)だった日本の1社あたり時価総額は17年…

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼