■日本政府は借金で財政破綻する?■国債1554兆円

1 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2017/11/01(水) 19:12:13
破綻しない厨はアホの子
-
VIPQ2_EXTDAT: none:default:1000:512:----: EXT was configured

※前スレ
■日本政府は借金で財政破綻する?■国債1553兆円
https://5ch.pub/cache/view/eco/1508567779

16 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2018/02/16(金) 07:53:07
知り合いから教えてもらった副業情報ドットコム
少しでも多くの方の役に立ちたいです
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

ZVVUY

15 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2017/11/23(木) 09:52:55
>>13
将来がある国ってどこなんだろうか?

14 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2017/11/23(木) 04:17:10
自分好みになってくれるAIロボットとの恋愛、結婚を夢見ている。
冗談でなくそういう子供が増殖中のようだ。
スマホをtouchすれば肩をtouchしたことになり、画面の女の子が赤面する。
そういう二次元のバーチャルゲーム恋愛が増えているらしい。

13 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2017/11/23(木) 02:27:10
最近の日本の子供は何を目指しているんだろうな?
日本に将来がないことを察して海外を目指してんのかね?

12 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2017/11/22(水) 15:20:59
破綻する厨はアホの子

11 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2017/11/09(木) 07:56:41
自分の人生のほうが破綻してる負組が日本の破産を祈ってるスレ
アベノミクスで景気が良すぎてつらいわーw

10 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2017/11/04(土) 20:37:32
げんでいっても、多いのか少ないか
イッパンジーんにはわかりませーん(・_・?)

9 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2017/11/01(水) 22:27:34
中国、今年の年間GDP80兆元突破だってな
日本雑魚過ぎ

8 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2017/11/01(水) 19:46:13
国家公務員なんて、裏金、作っているんだろうから、
その蓄えで当分は生活できるでしょ。
給料沈滞は職務違反の行政処分じゃ

7 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2017/11/01(水) 19:36:39
念のために国庫の金は最高裁が管理するべき。
財務省の係補にさわらせるな。

6 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2017/11/01(水) 19:34:50
するべきことをしなから、これだけの債務を負った日本政府。
いい加減に気をつけよ。
支払うべき金をまず、払え。公務員の給料は責任をとって、後回しだ、

5 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2017/11/01(水) 19:31:28
日本政府は公金横領で財政破綻する。
世界銀行から不正経理支援不ソフトを使い、50億円規模の横領事件が発覚。
その責任を負い、日本政府は破産宣告する。

4 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2017/11/01(水) 19:20:12
自民党の支持層みても10代20代の若者の支持率が高いからな
恩恵受けてる世代がよく分かるよね

3 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2017/11/01(水) 19:15:48
IDなしスレも建てたから好きな方を使いたまえ

■日本政府は借金で財政破綻する?■国債1554兆円
https://5ch.pub/cache/view/eco/1509531256

2 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2017/11/01(水) 19:14:26
アベノミクスが雇用改善に寄与した根拠

・労働需要だけではなく労働供給も増やしたアベノミクス
・民主党政権期、就業者数は増えていない
・労働需要が労働供給以上に拡大した
・景気循環に伴う労働力の退出と参入
・アベノミクスの恩恵を最も受けた若年層
・大きかった円高の是正

アベノミクスが開始された2013年以降は、単に失業率が低下を続けたのみではなく、就業者数と労働力人口がともに、明確に増加し始めるようになった。
つまり、アベノミクス以降は、それ以前とはまったく異なり、「労働力人口が拡大に転じたにもかかわらず、就業者数がそれ以上に拡大し、結果として失業率が低下した」のである。

要するに、民主党政権期の失業率低下は「労働供給が労働需要以上に縮小した」ことによっていたのに対して、アベノミクス期のそれは「労働需要が労働供給以上に拡大した」ことによるものであった。
したがって、「失業率の低下は労働人口の減少によるものであって、需要の回復によるものではない」といった仮説は、民主党政権期の状況に対しては当てはまる可能性があったとしても、少なくともアベノミクス期に対してはまったく当てはまらないのである。
http://www.newsweekjapan.jp/noguchi/2017/10/post-14_1.php

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼